よくある耳の症状

ホーム > 耳の病気 > よくある耳の症状

難聴

難聴の主な原因

急に耳が聴こえにくくなった時は、できるだけ早めの耳鼻科受診をおすすめします。
突発性難聴では、早期に治療を開始することで治癒率が高まります(発症から時間が経過すると治癒率が低下し、発症2週間以上たつと治癒率が大きく低下します)。

慢性的な難聴(発症してから1ヶ月以上)は、治るものと治らないものがあります。
加齢による神経性難聴(とくに高音部の聴こえが悪くなった場合)は、現代の医学でも治りにくい難聴の代表的なものです(体温計の音や、携帯電話の着信音など電子音が聴こえにくいときは、高音部の聴こえが悪いと思われます)。糖尿病、高血圧、高脂血症などに伴う動脈硬化があると、難聴も早く進行すると考えられています。年齢にくらべて聴こえが悪いと思われる方は、検診で血糖値、血圧、LDLコレステロールのチェックを受けましょう。食生活の改善、適度な運動と、必要があれば動脈硬化を進行させない治療を内科や循環器科で行うことにより、難聴の進行も抑えられる可能性があります。

「耳が聴こえにくいが、聴こえにくいのが低音部なのか高音部なのかよく分からない。このところ耳鼻科にかかったことも無い。」という方は、一度受診してみてください。

pagetop

補聴器について

聴力検査の結果で多少の難聴があっても、日常生活に支障がなく、また診察で重大な病気が無いと分かれば、あまり心配する必要はありません。

しかし、「他の人の話が聴き取りにくい」、「何度も聴き返すのも気が引けるので、聴こえたふりをしている」、「その結果、外出するのがおっくうに・・」ということであれば、補聴器を考慮する必要があります。

補聴器を検討中の方には、予約制で補聴器外来を行っていますまずは通常の診療時間内に受診して、診察と検査を受けてください。
検査の結果、補聴器の装用が適当かと思われる場合は、補聴器外来の予約をして頂きます。

補聴器外来では、カウンセリングと補聴器の無料貸出し(約2週間)をいたします。「今すぐ購入の予定は無いけど、補聴器を一度試してみたい」という方も、お気軽にご相談ください。

pagetop

耳鳴

耳鳴は難聴を伴うことも多く、難聴のところで挙げた病気が原因となります。その他に、耳の奥の筋肉のけいれん、耳の奥の血管音を耳鳴として感じる場合もあります。また精神的なストレスが耳鳴の一因である場合もあります。

耳鳴に対する治療として昔から薬物治療(ビタミンB12、血行改善剤、漢方薬など)が行われていますが、この薬物治療自体大きな進歩はありません。当院では現在のところ神経性難聴に伴う耳鳴に対して、一般的な薬物治療のみ行っていますが、加齢による神経性難聴に伴う耳鳴(この場合、キーンという音や、ジージーとセミの鳴く音のことが多い)では治療困難なことも多くあります。薬物治療を一定期間(1~2か月以上)行ったが改善しなかった方には、「TRT療法(耳鳴り再訓練療法)」という方法があります。TRT療法は当院では行っていないため、詳しくはインターネットで検索ください。

pagetop

自分の声がひびいて聴こえる、自分の呼吸の音が耳にひびく

耳管の病気(耳管狭窄症耳管開放症)の可能性があります。

pagetop

物音がひびいてうるさく聴こえる

内耳の病気(神経性難聴メニエール病など)の可能性があります。

pagetop

音は聴こえるが、人の話が聴きとりにくい

内耳の病気(神経性難聴など)の可能性があります。

pagetop

耳がつまった感じ

耳あか外耳炎中耳炎突発性難聴神経性難聴メニエール病耳管狭窄症耳管開放症などの可能性があります。
また耳に異常がなくても、鼻づまりの強い時に起こる可能性があります。

pagetop

耳が痛い

外耳炎急性中耳炎の可能性があります。
また、副鼻腔炎上咽頭炎扁桃炎、歯痛、頚部リンパ節炎が原因となることもあります。

pagetop

耳がかゆい

外耳炎の可能性が高いですが、鼻やのどのアレルギーが原因となることもあります。

pagetop

(小児が)耳をよくさわる

耳あか外耳炎中耳炎の可能性があります。

pagetop

耳だれ

外耳炎急性中耳炎慢性中耳炎の可能性があります。

pagetop

耳の周りが腫れる

腫れる場所にもよって、起こりやすい病気が異なりますが、外耳炎、リンパ節炎、粉瘤耳下腺の病気の可能性があります。

pagetop

めまい

めまいの原因は多岐にわたりますが、主に下記のような病気があります。

めまいの主な原因

めまいが起こったら、何科にかかればいいか?

  • 「手や足に力が入らない」、「ろれつが回らない」場合は脳の病気の可能性が高いため、脳外科のある病院に救急受診してください。
  • ・上記ほど強い症状でない場合、かかりつけの内科などがあれば、まずそちらを受診してください。
  • ・特にかかりつけの病院が無い場合、フワフワ、フラフラするめまいは神経内科への受診がよいでしょう。
  • ・難聴、耳鳴、耳がつまった感じなど耳の異常を伴う場合は、早めに耳鼻科を受診してください。耳の病気からくるめまいは、グルグル回る感じのめまいであることが一般的です。

めまいと言えばメニエール病が比較的有名ですが、実際のところメニエール病は発生数の少ない病気です。メニエール病以外にも様々なめまいの病気があり、治療法も異なるため、正確な診断が大事です。

当院では、まず耳の診察とめまい検査(血圧測定、目の動き方をみる検査、神経学的検査、耳の症状があれば聴力検査)を行います。

当院でのめまい検査について

  • ・起立性低血圧の方では、臥床時血圧と起立時血圧に大きな差があるため、血圧は必ず臥床時・起立時の両方を測定しています。
  • 目の動き方をみる検査(眼振検査)は、めまいの診断に重要な検査です。耳の病気からくるめまいは、この検査で異常を認めることが多くあります。
  • ・その他の脳神経に異常が無いか、簡単な神経学的検査を行います(痛みを伴うような検査はありません)。

めまい検査の結果から、耳が原因なのか、耳以外が原因なのかを診断します。必要があれば、当院で血液検査も行います。

耳以外に原因があると考えられる場合は、近隣の医療機関(患者さんのかかりつけ医、または内科、神経内科、脳外科、整形外科など)と連携をとって、治療にあたります。

脳の病気が疑われる場合は、頭部MRIなどの画像検査を行います(MRIは近隣病院に依頼して行っています)。

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.