耳の病気について

ホーム > 耳の病気 > 耳の病気について

耳あか

難聴の症状で来院された方で、耳あかのつまりが原因であったというケースがよくあります。難聴をおこすほどの耳あかのつまりは、耳そうじをしない人よりも頻繁に耳そうじをする人に多くみられます(耳あかを逆に奥まで押し込んでしまうため)。

耳あかには殺菌作用と外耳道(耳のトンネル)の皮膚を保護する作用があるため、耳そうじのやり過ぎは避けましょう。耳あかは放置していても自然に耳の外に出てくることも多く、耳そうじをする場合も1か月に1~2回までにしておいたほうがよいでしょう。

pagetop

外耳炎

耳そうじの時に、耳かきで強くさわりすぎると、外耳に傷がついて外耳炎となり、かゆみや痛みのもととなります。外耳炎は、耳そうじをしない人よりも頻繁に耳そうじをする人に多くみられます。

外耳炎の治療は、塗り薬や、かゆみ止めの飲み薬で行いますが、耳の奥までかゆみや痛みがある場合は、点耳薬(耳の中に入れる液体の薬)を処方します。

pagetop

中耳炎

代表的な中耳炎としては、急性中耳炎滲出性中耳炎慢性中耳炎があります。

急性中耳炎

急性中耳炎は1歳~5歳ぐらいの小児に特に多い病気です。この時期に70%の小児が一度は中耳炎にかかると考えられています。
耳と鼻の奥とは耳管という管でつながっています。風邪をひいて鼻汁が増えた時などに、ウイルスや菌が、鼻→耳管→中耳へと入ることにより急性中耳炎が発症します。

急性中耳炎では、鼻をしっかりと治療することが大事です。高熱を伴う場合や、全身状態が悪い場合は抗生物質が必要となりますが、抗生物質の使いすぎは耐性菌(抗生物質が効かない新たな菌)の出現を招く可能性もあり、その使用には慎重を期す必要があります。

鼻汁の吸引や、ネブライザー(吸入)治療を行い、鼻の調子がよくなれば、中耳炎も治癒に向かっていきます。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎も、小児に特に多い病気です。①耳管狭窄症がある場合と、②急性中耳炎が治りきらずに長引いた場合に起こります。中耳に水(滲出液)がたまった状態となり、耳がつまった感じで、聴こえが悪くなります。

ほとんどの場合は痛みが無いため、小児では発見されるまでに時間がかかることがあります。小児で「呼びかけに対しての反応が悪い」、「テレビの音量が大きい」、「機嫌が悪いことが多い」という症状は、滲出性中耳炎の可能性があります。

滲出性中耳炎は長期間放置されると、癒着性中耳炎(鼓膜が奥に引っ込んで、中耳の壁と接着する病気)に移行するおそれがあります。癒着性中耳炎は、鼓膜の張りが失われるため難聴が持続し、手術も非常に難しい病気です。

小児の滲出性中耳炎の治療にあたっては、癒着性中耳炎を予防すること(大人になって難聴を残さないこと)が第一の目標となります。滲出性中耳炎の小児では、鼻汁や鼻づまりを伴うことが多いため、急性中耳炎と同様に鼻をしっかりと治療することが大事です。

大人の滲出性中耳炎においては、稀ではありますが鼻の奥に腫瘍ができている可能性もあるので、内視鏡検査を行ったほうがよいでしょう。

鼻の治療、通気治療(耳管に空気を送って、耳管狭窄を改善させる治療)、内服薬で、滲出性中耳炎の多くは治癒しますが、治りが悪い場合は別の対応が必要となります。

難治性の滲出性中耳炎への対応

難治性の滲出性中耳炎では、鼓膜切開(鼓膜に小さな穴を開けて、滲出液を吸引する治療)、鼓膜チューブ挿入といった外科的治療を行います。

小児では、アデノイド肥大(アデノイドは鼻の奥にある組織です)、扁桃肥大が滲出性中耳炎の原因となることも多く、アデノイド切除手術、扁桃摘出手術を考慮することもあります。

小児の鼓膜チューブ挿入、アデノイド切除手術、扁桃摘出手術については、全身麻酔が必要なことが多いため、近隣の総合病院に紹介しています(入院期間は、鼓膜チューブ挿入で日帰り~2泊3日程度、アデノイド切除で3泊4日程度、扁桃摘出で7泊8日程度です)。

長引く滲出性中耳炎であっても、滲出液が少量で、難聴もごく軽度の場合は、外科的治療は行わずに1~2ヶ月に1回程度の診察で経過観察をするケースもあります。

慢性中耳炎

急性中耳炎が治りきらずに長引くと、慢性中耳炎に移行することがあります。慢性中耳炎では、鼓膜に穴が開いており(鼓膜穿孔と言います)、体調の悪い時に耳だれを繰り返します。

鼓膜穿孔が小さい場合は、外来治療で治癒可能なこともあります。鼓膜穿孔の閉鎖により、聴力改善と耳だれの停止が期待できます。鼓膜穿孔が大きい場合は、全身麻酔手術が必要となるため、希望の方には近隣の総合病院を紹介いたします。

実際には手術までは希望されない方も多く、その場合は保存的治療(耳洗浄、内服薬、点耳薬など)で耳をできるだけ良い状態に保っていただくようにします。

pagetop

突発性難聴

突発性難聴は、突然に片方の耳の聴こえが悪くなる病気です。内耳にある蝸牛(聴こえの細胞が集まっている部分)の障害により発症します。内耳のウイルス感染が原因と考えられており、めまいを伴うこともあります。

治療は薬物療法が中心となります。難聴の程度により、ビタミンB12、血行改善剤、ステロイドホルモンなどの薬を使い分けます。早期に治療を開始することで治癒率が高まるため、聴こえに異常を感じた時は早めに受診してください(発症から2週間以上経過すると、治癒率が大きく低下します)

pagetop

神経性難聴

神経性難聴は、主に内耳にある蝸牛(聞こえの細胞が集まっている部分)の機能低下からくる難聴です。神経性難聴は感音難聴とも呼ばれます。

加齢による難聴は、ほとんどが神経性難聴です。この場合、高音部から聴こえにくくなるのが特徴です。

神経性難聴の中には、低音部が聴こえにくくなる低音障害型(感音)難聴という病気もあります。これはストレスによる血行障害が原因と考えられています。

神経性難聴では、「耳鳴がする」、「物音がひびいてうるさく聞こえる」、「音は聞こえるが、人の話が聞き取りにくい」、「耳がつまった感じ」という症状を伴うこともあります。

治療は、ビタミンB12、血行改善剤、利尿剤などの薬物療法が中心となります。低音障害型の難聴は、比較的治りがよく、薬物療法により70%程度の方が症状改善されます

現代の医学では、加齢による神経性難聴の方の聴こえを改善することはまだ困難ですが、動脈硬化の進行を食い止めることにより、今後の難聴の進行が抑えられる可能性があります。

pagetop

騒音性難聴

騒音の大きな職場で働いている方、ヘッドホンやイヤホンで大音量の音楽をよく聴く方では、高音部(約4,000ヘルツ)の聴力が低下する場合があります。内耳にある蝸牛(聞こえの細胞が集まっている部分)の機能低下が原因となります。

騒音性難聴と診断された場合は、難聴が悪化しないように仕事時に耳栓をする、ヘッドホンやイヤホンの使用を避けるといった対処をします。

発症からあまり時間がたっていない場合(発症後2週間以内)は、ビタミンB12、血行改善剤などの薬物療法で聴力が改善することもあります。

pagetop

メニエール病

内耳にある三半規管(平衡感覚を感じる細胞が集まっている部分)の循環障害によって起こる病気です。回転性めまい(グルグル回るめまい)、主に低音部の聴力低下、耳のつまった感じ、吐き気といった症状があらわれます。めまいは、体を動かしていても、じっとしていても起こるのが特徴です。ストレス、疲れ、睡眠不足が原因と考えられています。

メニエール病かどうかの確定診断には、聴力検査、めまい検査(目の動き方をみる検査など)が必須です。

メニエール病と診断された場合は、ビタミンB12、血行改善剤、利尿剤、抗めまい薬などの薬物療法を行います(めまいのひどい時は、注射を行うこともあります)。

なお、めまいの起こらないメニエール病(蝸牛型メニエール病)というのもあります。この場合は、聴力低下や耳のつまった感じだけが起こります。

メニエール病の問題点は、症状がいったん軽快しても、ストレスなどにより再発するケースが約30%あることです。そのため、長期的な経過観察が必要となる場合があります。

pagetop

良性発作性頭位変換めまい症

メニエール病と同様に、三半規管の障害からくる病気です。メニエール病は「じっとしていても回転性めまいが起こる」のに対して、良性発作性頭位変換めまい症では「頭を動かした時だけ短時間(1分以内)の回転性めまいが起こる。聴力低下は起こらない。」という違いがあります。

この病気も、めまい検査(目の動き方を見る検査)によって確定診断がなされます。

治療はメニエール病とほぼ同様ですが、症状が長引く時は運動療法が有効なことがあります。

pagetop

前庭神経炎

内耳から脳へ情報を送る前庭神経に炎症が起きる病気で、激しい回転性めまいが起こるのが特徴です。風邪などのウイルス感染が原因と考えられていますじっとしていても回転性めまいが起こるが、聴力低下が起こらないのがメニエール病との違いです。

メニエール病とほぼ同様の治療を行うことで、症状は軽快します。

pagetop

起立性低血圧

起立性低血圧は耳の病気ではありませんが、耳鼻科で診察することの多い病気であるので、以下に記載します。

寝ている時や座っている時は血圧が正常でも、立ち上がった時に血圧が下がるという病気で、立ちくらみや浮動性めまい(フラフラするめまい)が起こります。若年者から高齢者まで、幅広い年代でみられます。

起立性低血圧は、ストレス、疲れ、睡眠不足により自律神経の働きが悪くなった時に起こりやすくなります。糖尿病、薬(降圧薬など)の副作用で起こる場合もあります。

起立性低血圧の診断のためには、起立検査(臥床時と、起立時にそれぞれ血圧測定をし、両者を比較する検査)を行います。

起立性低血圧と診断された場合は、可能ならば原因となる薬の中止と昇圧薬の内服治療を行います。また運動不足の解消(とくに下肢の筋力強化)や、水分補給など、生活習慣の改善が必要になることもあります。

なお高齢の方では、脳幹梗塞が原因となることもあるため、症状が強い場合は頭部MRI、MRA(頭部血管撮影)などの画像検査を行います(MRI、MRAは近隣病院に依頼して行っています)。

pagetop

頚性めまい

頚性めまいは、肩や首のこり、首の血行障害に伴うめまいです。頭を動かしたり、腕を挙げた時に、めまいが起こるのが特徴です。

症状の起こり方は、前記の良性発作性頭位変換めまい症と似ていますが、めまいは回転性・浮動性ともに起こり得ます。聴力低下は伴いません。

筋肉のこりとそれに伴う交感神経の緊張による血行障害が頚性めまいの主な原因ですが、頚椎症(頚椎の変形)による頚部血管の圧迫や、頚部血管の動脈硬化が原因となっている場合もあります。

問診と、めまい検査(目の動き方を見る検査)によって、他のめまい疾患との鑑別診断が可能です。高血圧、高脂血症などの既往歴のある方では、頭頚部MRI、MRA(頭頚部血管撮影)などの画像検査をおすすめします。

頚椎症、動脈硬化が原因となっている場合は、整形外科、または内科・脳外科での治療が必要となります。

筋肉のこりが原因となっている場合は、当院で肩こりの薬、血行改善剤、漢方薬などの薬物療法を行います。

pagetop

聴神経腫瘍

内耳と脳を連絡している聴神経に発生する良性腫瘍です。脳腫瘍の約10%を占めます。

片耳の難聴、耳鳴が起こります。症状は徐々に進行する場合と、急に進行する場合とがあります。腫瘍が大きくなると、めまいや顔面神経麻痺が出現することがあります。症状が急に進行するものでは、突発性難聴との見分けがつきにくいことがあります。

通常、加齢による神経性難聴では聴力の左右差が大きくありませんが、聴神経腫瘍では聴力の左右差が大きくなるのが特徴です。

「鼓膜は左右とも正常だが、聴力検査で左右差が大きい。他に原因となる病気も見当たらない。」という場合は、聴神経腫瘍の有無を確認する必要があります。

単純レントゲンでは聴神経腫瘍の診断は困難なため、頭部MRIの撮影を行います。

pagetop

耳管狭窄症

耳と鼻の奥とは耳管という管でつながっています。耳管狭窄症は、耳管がつまることにより、耳がつまった感じ(電車に乗ってトンネルに入った時の感じ、高い山に登った時の感じ)、自分の声がひびいて聴こえる、自分の呼吸の音が耳にひびくといった症状が起こります。

滲出性中耳炎と合併して起こることもありますが、耳管狭窄症は大人にも多い病気です。

耳管狭窄症の原因は、風邪に伴う急性鼻炎アレルギー性鼻炎副鼻腔炎上咽頭炎(鼻とのどの間の炎症)など、鼻の炎症がほとんどです。耳管狭窄症の患者さんの鼻の奥をみると、粘膜の赤みや、後鼻漏(鼻汁がのどに下りる症状)がみられることがよくあります。鼻の奥に炎症があり、耳管の鼻側の開口部がふさがってしまうと、耳管狭窄症となってしまいます。

ティンパノグラムという検査(耳の外側から鼓膜に圧力をかける検査)で、耳管狭窄症の診断が可能です。大人の耳管狭窄症においては、稀ではありますが鼻の奥に腫瘍ができている可能性もあるので、内視鏡検査を行ったほうがよいでしょう。

治療は、耳管開口部の炎症をとるために、鼻汁の吸引や、ネブライザー(吸入)治療、薬物治療を行います。そのほか、通気治療(耳管に空気を送って、耳管狭窄を改善させる治療)を行うこともあります。

pagetop

耳管開放症

耳管開放症は、耳と鼻の奥をつなぐ耳管が開きすぎる病気です。上記の耳管狭窄症とは逆の現象が起こる病気ですが、症状は耳管狭窄症と似ており、自分の声がひびいて聴こえる、自分の呼吸の音が耳にひびく、耳がつまった感じがするといった症状が起こります。うつむいたり、しゃがむ姿勢をとることによって症状が改善する方が多いようです。季節的には、暑い夏場にこの症状の患者さんが増える傾向にあります。耳管開放症そのものでひどい難聴が起こることはありませんが、自分の声がひびいて聴こえるため、声量の調節が難しい場合もあります。

耳管開放症は大人の女性に多く、体重減少によって耳管周囲の組織がやせることや、顎関節症が原因と考えられています。妊娠、ストレス、末梢循環障害が原因になることもあります。

耳管が開放しすぎると、発声時や呼吸時に鼻から耳に空気が流れ込みすぎ、自分の鼻息で鼓膜がふるえるという状態になります。家でゆっくりしていると症状が無いけども、体を動かして汗をかくと症状が出るというケースがよくみられます。

耳管開放症は、鼓膜が呼吸によってふるえるかどうかの観察、内視鏡での耳管開口部の観察、試験的な通気で耳管に空気が流れ込みすぎないかを確認することで診断されます。

治療は、軽度の耳管開放症には漢方薬(加味帰脾湯など)を処方します。体重減少や顎関節症が原因と考えられる場合は、原因を取り除くことが必要となります(顎関節症の診断、治療はまずお近くの歯科にご相談ください)。

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.