よくある鼻の症状

ホーム > 鼻の病気 > よくある鼻の症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり

くしゃみ、鼻水、鼻づまりは、鼻の病気で最もよくある症状です。くしゃみは、特に鼻の病気がなくても機械的刺激(例えば、こよりで鼻をさわる)により起こりますが、アレルギー性鼻炎血管運動性鼻炎、風邪による急性鼻炎の時は頻繁に発生します。

鼻水のことを、耳鼻咽喉科では鼻漏と言います。鼻漏の性質は、原因となる病気によって異なります。

鼻漏の原因となる主な病気

アレルギー性鼻炎の方でも、風邪気味な時には鼻漏が粘液性や膿性となります。血性鼻漏は、鼻のかみ過ぎが原因のことがほとんどですが、血性鼻漏が持続する場合は腫瘍性の病気の可能性もあるため、耳鼻咽喉科を受診してください。

鼻づまりのことを、鼻閉とも言います。鼻閉は、上にあげた鼻の病気いずれにおいても起こります。

その他に、薬剤性鼻炎(市販の点鼻薬の使い過ぎによる)、鼻中隔わん曲症鼻茸(鼻ポリープ)、アデノイド肥大上咽頭がんの時にも鼻閉が起こります。

pagetop

鼻の乾燥感

鼻の乾燥感も意外と多い症状です。慢性的な場合は、萎縮性鼻炎の可能性があります。内服薬での改善が難しい場合があるため、当院では乾燥感改善のためのグリセリン点鼻薬を処方しています。

pagetop

鼻が痛い、頬が痛い

鼻の入口付近が痛い場合は、鼻前庭炎の可能性があります。頬、目の周り、眉間が痛い場合は、副鼻腔炎の可能性があります。副鼻腔炎の場合は、その他に前頭部、こめかみ、後頭部に痛みが起こることがあり、下を向くと痛みが増す傾向にあります。

pagetop

鼻がかゆい

アレルギー性鼻炎血管運動性鼻炎鼻前庭炎の可能性があります。

pagetop

鼻がにおう

膿性鼻漏を生じる病気(副鼻腔炎急性鼻炎の後期、慢性鼻炎)では、鼻の中でいやなにおいがすることがあります。萎縮性鼻炎上咽頭炎でも鼻がにおうことがあります。

pagetop

鼻水がのどにおりてくる(後鼻漏)

のどにおりてくる鼻水のことを後鼻漏と言います。

誰でも一日にある程度の量の鼻水が生産され、のどにもおりているのですが、鼻水がサラサラしている時は後鼻漏が気になりません。鼻水が粘液性や膿性になると、鼻とのどの間(上咽頭)に引っかかった感じが気になってきます。

後鼻漏がある場合、副鼻腔炎急性鼻炎の後期、慢性鼻炎上咽頭炎の可能性があります。

後鼻漏の中の成分が咽頭の粘膜を傷めることがあり、後鼻漏が原因で咽頭痛や咽頭違和感が起こることもあります。また後鼻漏が気管まで流れ込むと、特に小児や高齢者の方では気管支炎や肺炎を起こすおそれもあります。

後鼻漏の症状がある方は、肩や首のこり、頭重感、体のだるさを伴うこともよくあります。

後鼻漏の治療として、薬物療法(抗生物質、消炎剤、粘液調整剤など)、ネブライザー(吸入)治療が一般的によく行われています。当院では、これに加えて鼻洗浄治療Bスポット療法を行っています。

上記治療と、日常生活に気をつけること(体の冷えを防ぐことなど)が、後鼻漏改善のために重要です。

pagetop

鼻血が出る

鼻出血症の項をご覧ください。

pagetop

嗅覚障害

嗅覚障害は、副鼻腔炎アレルギー性鼻炎急性鼻炎慢性鼻炎鼻茸などの病気が原因となります。また、非常に稀ではありますが、腫瘍性の病気(嗅神経芽細胞腫)のこともあります。

嗅覚障害には、

  • ・鼻閉によるもの
  • ・鼻閉は無いが、嗅覚を感じる細胞(嗅細胞)や神経(嗅神経)が障害されて起こるもの

があります。

鼻閉による嗅覚障害は、治療によって鼻閉が改善されれば改善されます。嗅細胞・嗅神経の障害による嗅覚障害は、発症してから早めに治療を開始することが重要です。

嗅細胞・嗅神経の障害の有無は、アリナミンテスト(にんにく注射をして、においを感じるかどうかをみる検査)で分かります。アリナミンテストの結果により、治療の有効率をある程度推測できます。

風邪(急性鼻炎)による嗅覚障害の多くは鼻閉によるもので、風邪が治れば嗅覚は元に戻ります。しかし、中には風邪のウイルスによって嗅細胞・嗅神経が障害される場合もあります。風邪が治ったのに嗅覚障害が残っているという場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

嗅細胞・嗅神経に障害を認めた場合、鼻炎の薬のほかに、ステロイド剤点鼻や、内服薬(血行改善剤、ビタミンB12、漢方薬など)による治療を行います。当院では、ケナコルト(ステロイド剤)の点鼻療法を行っています(ステロイド剤点鼻は、ステロイド剤内服にくらべると、副作用がとても少ない治療法です)。

治療に時間を要するケースが多々ありますが、根気よく治療を続けてようやく嗅覚が戻ったという患者さんもあります。すぐ治らないからといって治療を中止にしないことが大事です。

pagetop

いびき、睡眠時無呼吸

のど・頚部の病気」のページをご覧ください。

pagetop

なぜ、鼻の治療が必要なのか?

健康な人でも、鼻腔には少量の粘液があります。くしゃみが出ることや、鼻がつまることも時にはあるでしょう。鼻については、「どの程度の症状があれば、病的な状態というのか?」という部分がややあいまいです。

鼻の治療を行う必要性があるかどうかの判断基準は、「日常生活に支障があるか?」、「鼻以外の他の病気(症状)を引き起こすおそれが無いか?」という点にあります。

鼻の症状が日常生活に支障をきたす例

  • ・鼻漏、鼻閉 → 不眠、集中力の低下、頭重感、口呼吸による口の乾きなど
  • ・嗅覚障害 → 食品の新しい古いが分からない、自分の体臭が分からないなど
  • ・後鼻漏 → 痰がからんで気持ち悪い、寝苦しい、のどが痛い、口臭など

例えば、ぐっすり眠れず頭がすっきりしない、会話をするのに痰がからんで困るといった悩みがあり、その原因が鼻の不調にあるのならば、耳鼻咽喉科で治療を行うべきです。

鼻の不調によって、他の病気(症状)を引き起こす例

咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、誤嚥性肺炎は、後鼻漏により引き起こされることがあります。
特に、鼻をうまくかむことができない年齢の小児や、痰をスムーズに吐き出せない小児・高齢で体力の低下した方では、鼻汁や痰の吸引を行うことが重要となります。

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.