鼻の病気について

ホーム > 鼻の病気 > 鼻の病気について

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、くしゃみ、鼻漏、鼻閉などの症状がアレルギー反応によって引き起こされる病気です。アレルギー反応の原因となるものを抗原と呼びます。アレルギー性鼻炎の代表的な抗原には以下のようなものがあります。

アレルギー性鼻炎の主な原因物質(抗原)

  • ・2月~3月:スギ花粉
  • ・3月~4月:ヒノキ花粉
  • ・5月~8月:イネ科の花粉(カモガヤ、イネなど)
  • ・8月~10月:キク科の花粉(ブタクサ、ヨモギなど)
  • ・一年中:ハウスダスト(ホコリ)、ダニ、カビ、ペットの毛など

ダニは6月~7月に増殖し、8~9月に死ダニが増え、この死ダニがアレルギーの原因となります。

アレルギー性鼻炎による鼻漏は、サラサラした鼻漏(漿液性鼻漏)です。鼻閉により嗅覚障害が生じることもあります。目のかゆみを伴うことが多く、これが風邪による急性鼻炎との相違点となります。その他に、耳のかゆみ、皮膚のかゆみ、のどのイガイガ感、咳、下痢を伴うこともあります。

アレルギー性鼻炎は、病歴、症状、鼻腔内の所見だけで診断可能な場合も多いのですが、他の病気(風邪など)との鑑別のために鼻汁検査を行うこともあります。

治療の基本は、原因物質(抗原)をなるべく避けることです。花粉が抗原になっている場合は、外出時にマスクをすることが最も効果的です。ハウスダストやダニが原因になっている場合は、寝具を小まめに洗濯すること、できればカーペットをやめることなどが効果的です。

「アレルギー性鼻炎の症状があるが、何に対してのアレルギーがあるのかを調べたことがまだ無い」という方は、一度アレルギー検査を受けることをおすすめします。抗原を避けることだけで、症状が大きく改善されることもあるからです。

薬物療法(内服薬や点鼻薬)は、アレルギー性鼻炎の最も一般的な治療法です。花粉によるアレルギー性鼻炎(花粉症)などで症状の持続期間が短い場合は、市販薬でしのぐのも一つの方法です。しかし市販薬は眠気や口の乾きの副作用が起こる場合があり、これらの副作用が気になる方、市販薬の効き目が弱い方、症状の持続期間が長い方は、病院を受診されたほうがよいでしょう。また、市販の点鼻薬の使いすぎは薬剤性鼻炎を起こすおそれがあり、注意が必要です。

当院では、患者さんの症状に応じ、漢方薬も含めて、薬をきめ細かく使い分けています。また、症状が安定した方については、長期処方も積極的に行っています。

内服薬や点鼻薬による治療は、アレルギー性鼻炎の症状を抑えるために効果的ですが、これらの治療はあくまでもアレルギー症状を抑えるものであって、アレルギー体質を根本的に治すものではありません。

当院では、内服薬、点鼻薬以外の治療法として、レーザー治療減感作療法を積極的に行っています。

スギ、ヒノキ花粉症の予防法

  1. 1.テレビやインターネットでの花粉飛散情報をチェックする。(リアルタイムの花粉飛散状況を知るためには、環境省の「はなこさん」というサイトが便利です。)
  2. 2.花粉の多い日、風の強い日は、できれば外出を控える。
  3. 3.買い物などは、朝の早いうちにすませる。(朝10時を過ぎると、花粉飛散が多くなってきます。)
  4. 4.外出時には、マスクを着用する。花粉症のひどい人は、メガネ、帽子も着用する。衣服は、花粉のくっつきにくいものにする。
  5. 5.帰宅したときは、ドアの前で衣服や帽子についた花粉をよくはらって落とす。家の中に入ったら顔を洗い、うがいする。シャワーを浴びるのもよい。
  6. 6.部屋の窓は閉める。じゅうたんはなるべく敷かない。加湿して、乾燥しないようにする。
  7. 7.花粉の飛散の多い日は、ふとんを外に干さない。洗濯物を外に干さない。

アレルギー検査について

当院ではアレルギー検査として、主に鼻汁検査と血液検査を行っています。

鼻汁検査

綿棒で少量の鼻汁をとり、これを染色した後に顕微鏡で観察します。アレルギー性鼻炎では、鼻汁中に好酸球という細胞が多くみられます。風邪による急性鼻炎では、鼻汁中に好中球という細胞が多くみられます。この違いにより、アレルギーか風邪かの区別がつきやすくなります。

検査費用は、3割負担者で約400円です。

血液検査

鼻汁検査では、アレルギーの有無は分かりますが、何に対してのアレルギーがあるのかまでは分かりません。血液検査(RAST法)は、アレルギーの原因抗原を知るために有用な検査です。通常の採血と同じように約10ccの血液を採取し、4~5日後に結果が判明します。

測定可能な抗原は200種類近くありますが、保険では13種類までの検査が認められています。

検査結果は、それぞれの抗原に対する血中IgE抗体の量で表されます(一般的に体内のIgE抗体の量が多いほど、アレルギー症状が起こる率が高いとされています)。

検査費用は、7種類の抗原(例えば、スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ハウスダスト、ダニ、カビ)について調べた場合、約3,000円です(3割負担者の時)。

鼻炎のレーザー治療

鼻粘膜にレーザーを照射し、鼻閉、くしゃみ、鼻漏を改善させる治療法です。鼻閉に対しては約80%の有効率、くしゃみ、鼻水に対しても約70%の有効率があります。有効例では薬が不要となることもあります。効果が約半年~2、3年しか持続しないのが難点です。(詳しくは、「レーザー治療」のページをご覧ください)。

アレルギーの体質改善治療(減感作療法)

減感作療法は、抗原(スギ花粉など)を薄めたエキスを皮下注射する治療法で、現在行われているアレルギー治療法の中では、根本治療に最も近いものです。鼻症状(くしゃみ、鼻漏、鼻閉)に対しての有効率は約70~80%です。治療に時間と手間がかかるのが難点です。最初はごく少量の注射から始めて、週1~2回程度のペースで注射を続けます。注射のたびに抗原の量を増やしていき、体を徐々に抗原に慣らしていきます。

減感作療法のメリット、デメリット

  • メリット

    • ・副作用はほとんど無い。妊娠中や授乳中も治療可能。
    • ・有効例では、アレルギーの薬が不要となることがある。
    • ・10年以上の長期にわたり効果が持続する場合もある。
  • デメリット

    • ・ごく稀に、副作用として喘息症状が出ることがある。
    • ・少なくとも30回以上の通院(注射)が必要。
    • ・無効例が約20~30%ある。

喘息症状の副作用については、起こるとしてもたいてい注射後15分以内に起きるため、当院では注射後15分間は院内にいていただき、万一の場合も迅速に対処できるようにしています。また治療初期には、副作用を抑えるための抗アレルギー剤を内服していただくことがあります。

  • 減感作療法が有効と思われるケース

    • ・スギ、ヒノキ花粉症である。
    • ・最低限、2週間に1回は受診できる。
  • 減感作療法が難しいかと思われるケース

    • ・多数の抗原に対してアレルギーがある。
    • ・多忙のため定期的な通院ができない。

当院では、スギ花粉、ハウスダストの減感作療法を多く行っており、その他ブタクサの減感作療法も行っています。

治療が適当かどうかの判断材料として、当院ではまずアレルギーの血液検査を行います。上記にはありませんがヒノキ花粉症の方は、減感作療法の適応となります(スギ花粉エキスの注射が、ヒノキ花粉症の方にも効果があることが知られています)。

スギ花粉エキス、ハウスダストエキス、ブタクサ花粉エキスは、同一日に注射可能です。注射はツベルクリン用の細い針で行うため、注射時の痛みは少ないと思います。しかし、抗原エキスには刺激性があるため、数十分間ぐらい注射部位にジンジンと刺激感がすることがあります。

春の花粉症の方は、飛散シーズンの終わった5月~秋になるまでの間に治療を開始するのが良いでしょう(春の花粉飛散中は、治療を開始できません)。

治療は保険適応となり、費用は再診料、注射料含めて、1回の治療につき約500円程度です(3割負担者の場合)。当院では現在、小学生~60歳代まで幅広い年齢層の方が減感作療法中です。興味のある方は、一度ご相談ください。

pagetop

血管運動性鼻炎

血管運動性鼻炎は、主に温度差によってアレルギー性鼻炎と同様の症状(くしゃみ、鼻漏、鼻閉)が起こる鼻炎です。温度差のほかに、疲れ、寝不足、精神的ストレス、香料、タバコの煙が原因となることがあります。これはアレルギーというよりも、自律神経の働きが悪くなって起こる病気です。
若年者から高齢者まで幅広い年代にみられます。高齢者では、「温かい食事を食べる時に鼻水が出て困る」という症状がよく聞かれます。

血管運動性鼻炎では、鼻汁検査で好酸球を認めず、血液検査(RAST法)で陽性となる抗原が見当たりません。この点が、アレルギー性鼻炎との検査上の違いになります。
治療法は、アレルギー性鼻炎とほぼ同じですが、減感作療法は無効です。自律神経の働きを整えるために、十分な睡眠をとることも有効です。

pagetop

急性鼻炎

急性鼻炎の多くは、風邪のウイルスによって起こります。初期には、鼻の乾燥感、くしゃみ、サラサラした鼻漏(漿液性鼻漏)が起こります。鼻漏は、粘液性、膿性へと変化することがあります。鼻閉、嗅覚障害が起こることもよくあります。

急性鼻炎の初期は、アレルギー性鼻炎と症状が似ていますが、両者の違いは、

  • ・発熱症状の有無(風邪に伴う急性鼻炎では、発熱することあり)
  • ・眼症状の有無(急性鼻炎では眼のかゆみは通常なし)

にあります。鼻汁検査によって両者を判別します。

治療は、対症療法(感冒薬、抗アレルギー剤、粘液調整剤など)が中心となり、ネブライザー(吸入)治療も行います。抗アレルギー剤は、風邪による急性鼻炎の鼻漏にも効果があります。中耳炎、扁桃炎を伴う場合や、膿性鼻漏が多い場合は、数日間抗生物質を使用することもあります。鼻をかめない年齢の小児では、後鼻漏により痰がからんだ咳が出やすくなります。痰が気管におりると気管支炎の原因となるため、鼻汁の吸引を行うことが大事です。

風邪による急性鼻炎が治っても嗅覚障害が持続する場合は、嗅細胞・嗅神経が障害されている可能性があるため、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

小児の鼻汁吸引について

一般的に4歳ごろまでの小児はうまく鼻をかめません。中耳炎や気管支炎の予防のためには、鼻をすっきりした状態に保つことが大事なので、当院では小児の鼻汁吸引を念入りに行っています。
最近はドラッグストアなどで鼻汁の吸引器が数百円程度で販売されているので、家庭ではこれを利用されるのも良いと思います。

吸引器の使い方のコツ

  • ・小児の体が温まっている時に使用する(入浴中やお風呂あがりに)。
  • ・鼻汁が粘っこい時は、点鼻液を併用して粘りを取る。

体が温まっている時は、血行が良く、鼻粘膜のうっ血が取れて、鼻の通りが良くなり、鼻汁が吸引しやすい状態です。

それでも鼻汁が粘っこくて吸引しにくい時は、点鼻液を鼻に入れて鼻汁の粘りを取ってから吸引すると、吸引しやすくなります。この場合に用いる点鼻液は、食塩水と重曹を混合したものが適当です。

水500ccに食塩10g、重曹2.5gを溶かすと、家庭でも点鼻液が作れます。(実際には水500ccを用いると、大量の点鼻液が出来てしまうので、少なめに作ってみてください。食塩や重曹の量は、あまり厳密でなくてもかまいません。) この点鼻液を市販の点鼻薬容器などに入れてから点鼻し、鼻汁を吸引してみてください。

pagetop

慢性鼻炎

急性鼻炎を繰り返した場合や、長引いた場合に慢性鼻炎となります。慢性鼻炎には、単純性鼻炎、肥厚性鼻炎、萎縮性鼻炎がありますが、萎縮性鼻炎は項を改めて記載します。

単純性鼻炎では、鼻粘膜の赤み、鼻閉、鼻漏が起こります。鼻閉は片側、または左右交代に起こることが多く、鼻漏は粘性鼻漏や膿性鼻漏のことが多く、後鼻漏もよく起こります。鼻がにおうことや、嗅覚障害を伴うこともあります。血管収縮剤の点鼻が有効です。

肥厚性鼻炎も単純性鼻炎と症状が似ていますが、鼻閉は両側性であることが多く、血管収縮剤の点鼻が無効なことが多いという違いがあります。
治療は、薬物療法(粘液調整剤、抗アレルギー剤、膿性鼻漏の多い場合は抗生物質など)、鼻洗浄治療、ネブライザー(吸入)治療を行います。これらの治療で改善されない場合は、レーザー治療を考慮することもあります。

pagetop

萎縮性鼻炎

萎縮性鼻炎も慢性鼻炎の一種です。鼻の粘膜が薄くなり、鼻腔が広がって、鼻の乾燥感や痂皮(かさぶた)が生じます。原因は不明ですが、甲状腺異常、ビタミン欠乏(A、D)、鉄欠乏性貧血に合併することが知られています。

鼻粘膜には線毛と腺組織があり、これが外部から侵入したホコリなどを排出し、鼻腔を適度に潤しています。萎縮性鼻炎になると、線毛と腺組織の働きが低下し、痂皮ができやすくなり鼻腔が乾燥します。また自分の鼻の中がにおうという症状もよく起こります。

治療は、鼻腔を清潔に保つことが基本で、一般的には抗生物質の入った軟膏の塗布が行われます。必要に応じて、内服薬(鉄剤など)の処方も行います。当院では鼻洗浄治療と、鼻の乾燥を防ぐためのグリセリン点鼻薬の処方も行っています。

pagetop

薬剤性鼻炎

薬剤性鼻炎は、市販の点鼻薬の使い過ぎにより起こる鼻炎で、鼻閉が主症状です。

市販の点鼻薬には、血管収縮剤の成分(塩酸ナファゾリン)が含まれているものが多く、使い始めにはよく効きますが、長期連用すると徐々に効き目が悪くなり、次第に鼻粘膜は肥厚したままで鼻閉が続く状態となってきます。

血管収縮剤入りの点鼻薬は、1日2回で2週間程度の使用であればあまり差しつかえありませんが、1ヶ月以上しかも1日に3~4回以上の使用となると、薬剤性鼻炎のおそれが出てきます。

薬剤性鼻炎の治療は、まず血管収縮剤入りの点鼻薬をなるべく早く中止することです。そして、抗アレルギー剤と耳鼻咽喉科の点鼻薬(ステロイド点鼻薬が主体)に切り替えていきます。ステロイド点鼻薬は連用しても効き目が悪くなることはなく、ステロイド内服薬でみられるような副作用も非常に少ないという特徴があります。通常はこの治療で鼻閉が改善されてきますが、薬剤性鼻炎が進行していると、レーザー治療や、外科的治療(鼻粘膜の切除など、全身麻酔を要するもの)が必要になる場合もあります。

pagetop

鼻前庭炎

鼻前庭とは、鼻孔の開口部のすぐ内側(鼻毛の生えている部分)のことを言います。この部分は、鼻漏が付着しやすく、気になって鼻をこすることや触ることで鼻前庭炎が起こります。

治療は、軟膏の塗布を行いますが、炎症が強い場合は消炎剤や抗生物質の内服を行います。鼻毛を抜くと、毛穴から菌が入って炎症を起こすことがあるので、鼻毛はハサミで切るようにしましょう。

pagetop

鼻中隔わん曲症

鼻の中央にある骨・軟骨のことを鼻中隔と言います。鼻中隔は成長期にある程度曲がることが多く、日本人の大人の約80%に鼻中隔の曲がり(わん曲)が見られます。

鼻中隔わん曲があるだけならば治療は不要ですが、鼻中隔わん曲により鼻閉、頭重感が起こっている場合は、治療が必要となります。

根本的治療としては、鼻中隔矯正手術があります。これは鼻中隔の曲がっている部分の軟骨・骨を削り取るものです。通常は全身麻酔で行います。約1週間の入院が必要となるのが問題点です(鼻中隔矯正手術は、局所麻酔では患者さんの苦痛がやや大きいと思われるため、当院では行っておりません)。

鼻中隔わん曲症は、肥厚性鼻炎を伴うことが多いため、肥厚性鼻炎の治療(内服治療、レーザー治療)を行うことで鼻閉、頭重感が改善されることもあります。

pagetop

副鼻腔炎(ちくのう症)

顔の骨の中には、鼻を取り囲むようにいくつかの空洞があり、それらの空洞のことを副鼻腔といいます。副鼻腔と鼻とは、細い通路でつながっています。 副鼻腔炎は、以前はちくのう症とも言われていました。副鼻腔炎の原因は主に3つあります。

副鼻腔炎の主な原因

  • ・風邪のウイルスや細菌が、鼻から副鼻腔に侵入した時
  • ・歯や歯茎の調子が悪く、細菌が歯根から副鼻腔に侵入した時
  • ・副鼻腔の粘膜にアレルギーが起きた時

副鼻腔の中は通常は空気が入っていますが、副鼻腔炎が起こると、副鼻腔の粘膜が腫れ、副鼻腔粘膜から粘液や膿が分泌されます。それらの分泌物は、細い通路を通って鼻に流れ込みます。

副鼻腔炎の主な症状は、鼻漏(粘液性または膿性)、後鼻漏、鼻閉です。鼻の周り(頬、目の周り、眉間)や前頭部、こめかみ、後頭部に痛みが起こることもよくあります。嗅覚障害を起こすこともあります。

鼻中隔わん曲症アレルギー性鼻炎がある方では、鼻閉のために鼻腔や副鼻腔に細菌がたまりやすくなり、副鼻腔炎が起こりやすい傾向があります。アデノイド肥大がある方でも、鼻の奥がつまり副鼻腔炎が起こりやすくなります。

副鼻腔炎による後鼻漏が気管まで流れ込むと、気管支炎や肺炎を起こすおそれがあります。また小児では、副鼻腔炎が長引く中耳炎の原因となることもあります。

副鼻腔炎は鼻腔内に膿性鼻漏がたまっていることを確認するか、またはレントゲン検査で診断されます。

副鼻腔炎の治療として、昔は上顎洞穿刺(鼻腔内に針を刺して膿を抜く処置)や手術がよく行われていました。現在では副鼻腔炎に有効な薬剤が開発されたため、薬物療法が中心となっており、上顎洞穿刺や手術が必要になることは少なくなってきました。
薬物療法としては、抗生物質、粘液調整剤、抗アレルギー剤などの内服を行います。また鼻腔、副鼻腔を清潔に保つことが重要であり、鼻洗浄治療、ネブライザー(吸入)治療が有効です。

一般的には、症状発生から治療開始までの期間が短いほど早く治ります。症状発生から治療開始までに数ヶ月以上が経過している場合は、治療にも数ヶ月程度の時間を要することがあります(通院は週に2~3回がベストですが、仕事や学校などで忙しい方が多いため、当院では1週間から2週間に1回程度の通院でも効果が表れるように治療スケジュールを考えます)。

薬物療法を3ヵ月行っても全く症状が改善しない場合は、患者さんと相談の上で手術を行うかを考えます。

現在の副鼻腔炎手術はほとんど内視鏡を用いて行うため、顔面に傷が残ることはありませんが、近隣の総合病院に5~8日程度の入院(全身麻酔での手術)が必要となります。

pagetop

鼻茸

鼻腔にできるポリープのことを鼻茸といいます。

鼻茸はアレルギー性鼻炎の方に比較的多く、鼻閉や嗅覚障害の原因となります。ほとんどは良性ですが、鼻出血を伴うものでは稀に悪性腫瘍のこともあり、組織検査が必要となります。
また鼻茸は喘息と関連することもあり、鼻茸と喘息を合併している方に鼻茸の治療を行うことで、喘息が改善に向かう場合もあります。

鼻茸は肉眼で確認できるものも多いですが、鼻腔の奥にある場合は内視鏡(ファイバーカメラ)でないと判らないこともあります。鼻茸が小さな段階では、アレルギー性鼻炎の薬物療法で改善する可能性があります。ある程度大きくなると切除手術が必要となります。

治療法を決定するために、副鼻腔CTを撮影することがあります。

pagetop

鼻出血症

鼻出血のほとんどは、鼻中隔(鼻の中央の骨・軟骨)の前方に出血部位があります。鼻中隔の前方は、鼻をさわることによって傷がつきやすい場所です。また、くしゃみや咳をした時に血圧が上がり、鼻出血が起こることもあります。

鼻血が出た時は、ティッシュペーパーを鼻に詰めて、小鼻をつまむようにしてください。この時、座って、軽くうつむく体勢となることが重要です。頭を上向きにすると鼻血がのどに流れおりて、止血しにくくなります。

上記の処置により、通常は数分で止血します。ティッシュペーパーを取り出すときは、ゆっくりと取り出すようにしましょう。なかなか止血しない場合や、出血を繰り返す場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

小児の鼻出血は、鼻炎による鼻症状が最初にあり、鼻をさわることによって起こるのが大多数です。大人の鼻出血は、それ以外に、高血圧、動脈硬化、腫瘍性の病気が隠れていることがあるので注意が必要です。

治療は、小児では薬物療法(鼻炎の内服薬、止血剤など)を行います。鼻漏や鼻のかゆみが止まれば、鼻出血は起こりにくくなるので、痛みを伴う処置は極力行わないようにしています。中学生以上では、薬物療法のほかに、出血部位を電気で焼くこともあります。

pagetop

上顎がん

副鼻腔の一つである上顎洞に発生する悪性腫瘍です。上顎洞に悪性腫瘍が発生する可能性は非常に低いものの、50歳以上の方では注意が必要です。

腫瘍性の病気は両側同時に発生することは稀で、どちらか片側だけに症状が起こることが特徴です。鼻出血、鼻の痛み、鼻閉が起こる可能性があります。

早期に発見すれば、治療により90%以上の5年生存率が得られます。

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.