その他の鼻の病気

Other diseases of the nose

ホーム > 鼻の病気 > その他の鼻の病気

鼻前庭炎

鼻前庭とは、鼻孔の開口部のすぐ内側(鼻毛の生えている部分)のことを言います。この部分は、鼻漏が付着しやすく、鼻をこすることや触ることで鼻前庭炎が起こります。

治療は、軟膏塗布を行いますが、炎症が強い場合は消炎剤や抗生物質の内服を行います。鼻毛を抜くと、毛穴から菌が入って炎症を起こすことがあるので、鼻毛はハサミで切るようにしましょう。

pagetop

鼻中隔わん曲症

鼻の中央にある骨・軟骨のことを鼻中隔と言います。鼻中隔は成長期にある程度曲がることが多く、日本人の大人の約80%に鼻中隔の曲がり(わん曲)が見られます。鼻中隔わん曲があるだけならば治療は不要ですが、鼻中隔わん曲により鼻閉、頭重感が起こっている場合は、治療が必要となります。

根本的治療としては、鼻中隔矯正手術があります。これは鼻中隔の曲がっている部分の軟骨・骨を削り取るものです。通常は全身麻酔で行います。約5日~7日間の入院が必要となります。当院では行っていない治療なので、希望のある方には総合病院に紹介状を作成します。

鼻中隔わん曲症は、肥厚性鼻炎を伴うことが多いため、肥厚性鼻炎の治療(内服治療、レーザー治療)を行うことで鼻閉、頭重感が改善されることもあります。

pagetop

鼻茸

鼻腔にできるポリープのことを鼻茸といいます。

鼻茸はアレルギー性鼻炎の方に比較的多く、鼻閉や嗅覚障害の原因となります。ほとんどは良性ですが、鼻出血を伴うものでは稀に悪性腫瘍のこともあり、組織検査が必要となります。
また鼻茸は喘息と関連することもあり、鼻茸と喘息を合併している方に鼻茸の治療を行うことで、喘息が改善に向かう場合もあります。

鼻茸は肉眼で確認できるものも多いですが、鼻腔の奥にある場合は内視鏡(ファイバーカメラ)でないと判らないこともあります。鼻茸が小さな段階では、薬物療法(抗アレルギー薬やステロイド点鼻薬)で改善する可能性があります。ある程度大きくなると切除手術が必要となります。鼻茸の切除手術は当院で行っていないため、希望のある方には総合病院に紹介状を作成します。

pagetop

鼻出血症

鼻出血のほとんどは、鼻中隔(鼻の中央の骨・軟骨)の前方に出血部位があります。鼻中隔の前方は、鼻をさわることによって傷がつきやすい場所です。また、くしゃみや咳をした時に血圧が上がり、鼻出血が起こることもあります。

鼻血が出た時は、ティッシュペーパーを鼻に詰めて、小鼻をつまむようにしてください。この時、座って、軽くうつむく体勢となることが重要です。頭を上向きにすると鼻血がのどに流れおりて、止血しにくくなります。

上記の処置により、通常は数分で止血します。ティッシュペーパーを取り出すときは、ゆっくりと取り出すようにしましょう。なかなか止血しない場合や、出血を繰り返す場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

小児の鼻出血は、鼻炎による鼻症状が最初にあり、鼻をさわることによって起こるのが大多数です。大人の鼻出血は、それ以外に、高血圧、動脈硬化、腫瘍性の病気が隠れていることがあるので注意が必要です。

治療は、小児では薬物療法(鼻炎の内服薬、止血剤など)を行います。鼻漏や鼻のかゆみが止まれば、鼻出血は起こりにくくなるので、痛みを伴う処置は極力行わないようにしています。中学生以上では、薬物療法のほかに、出血部位を電気で焼くこともあります。

pagetop

上顎がん

副鼻腔の一つである上顎洞に発生する悪性腫瘍です。上顎洞に悪性腫瘍が発生する可能性は非常に低いものの、50歳以上の方では注意が必要です。

腫瘍性の病気は両側同時に発生することは稀で、どちらか片側だけに症状が起こることが特徴です。鼻出血、鼻の痛み、鼻閉が起こる可能性があります。

早期に発見すれば、治療により90%以上の5年生存率が得られます。

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.