咽頭炎・上咽頭炎

Pharyngitis, Epipharyngitis

ホーム > のど・頚部の病気 > 咽頭炎・上咽頭炎

咽頭炎

のどは上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。口を開けて、目で見える部分が中咽頭。それより上が上咽頭、それより下が下咽頭です。下咽頭の前方(のどぼとけの部分)に喉頭があります。
ここでは、上咽頭炎を除く咽頭炎について記載します。

pharynx

急性咽頭炎は、この部位にウイルスや細菌が感染することにより起こります。急性咽頭炎が治りきらなかった場合や、咽頭粘膜への持続的な刺激(喫煙、後鼻漏などによる)がある場合に、慢性咽頭炎となります。
急性咽頭炎では、のどの痛み、発熱、頭痛、倦怠感、頚部リンパ節の腫れが起こります。慢性咽頭炎では、咽頭違和感や咳症状が起こることがあります。

治療は、薬物療法(消炎鎮痛剤、抗生物質など)、咽頭への薬剤塗布、ネブライザー(吸入)治療、含嗽薬(アズノールなど)によるうがいを行います。

イソジンを用いてのうがいは、回数が多すぎると咽頭の常在菌(害の無い菌)も殺菌され、逆効果になってしまいます。イソジンでのうがいは、1日2~3回程度が適切です。

pagetop

上咽頭炎

鼻とのどの間(鼻の奥の突き当たり)を上咽頭といいます。この部位への細菌やウイルス感染、体の冷え(とくに首の冷え)、疲労、ストレス、空気の乾燥、口呼吸などにより上咽頭炎が起こります。また鼻炎や副鼻腔炎による鼻漏が上咽頭に流れ、これが慢性的な刺激になることでも、上咽頭炎が起こります。

上咽頭炎では、鼻とのどの間の痛み・違和感・乾燥感、後鼻漏(鼻の奥からのどに鼻水が下りる)、痰、咳払い、声が出しにくい、鼻の奥がにおう、首のこり、頭痛、頭重感、倦怠感といった多彩な症状が起こります。

上咽頭炎は、耳の病気(急性中耳炎滲出性中耳炎耳管狭窄症)の原因となることもあります。

上咽頭は口を開けても見えない部分にあるため、上咽頭炎は耳鼻咽喉科で内視鏡(ファイバーカメラ)の検査を行わない限り診断が困難です。また急性上咽頭炎では上咽頭の赤みがあり内視鏡で診断しやすいのですが、慢性上咽頭炎では内視鏡で一見正常に見えることがあり、耳鼻咽喉科でも「異常ありません」と言われることが多いようです。
慢性上咽頭炎では、内視鏡で一見正常に見えても、上咽頭に綿棒で塩化亜鉛などの塗布(Bスポット療法)を行ったときに出血をきたし痛みを感じます。

上咽頭炎の予防は、のどの粘膜の乾き、体の冷えを防ぐことが重要です。これは、上咽頭炎だけでなく、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎の予防にもつながります。

のどの粘膜の乾きにより、ウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなります。また体の冷え(とくに首の冷え)により、自律神経のバランスが悪くなり、免疫力低下にもつながります。

のどの粘膜の乾きを防ぐためには、こまめな水分補給が必要です。この場合の水分はお茶でもよいですが、カフェインを含むお茶は利尿作用があり、かえって口の乾き感が増すことがあるので、水が最もよいでしょう。

鼻洗浄(鼻うがい)は、水分補給やうがいでは届かない上咽頭粘膜の乾きを防ぐために有効です。家庭で行える鼻洗浄器が市販されており、これを利用されるのもよいでしょう。また口呼吸ではなく鼻呼吸を行うことも必要です。鼻閉を伴う上咽頭炎では、鼻の治療も必須となります。

免疫力を上昇させるには、日々の適度な運動や、1日に睡眠を6~8時間とることも大切です。

上咽頭炎の治療として、当院ではBスポット療法、薬物療法(消炎剤、粘液調整剤、抗生物質など)、ネブライザー(吸入)治療、鼻洗浄を行っています。

家庭での鼻洗浄の注意点

家庭での鼻洗浄の注意点

  •  ・0.9~2%の食塩水を用いること
    ・水温は、体温よりも少し低い程度
  •  ・1日に2回程度までにする
    ・洗浄中や洗浄後に鼻をすすらない
    ・洗浄後は、片方ずつ鼻をかむ

水道水で鼻洗浄は行わないほうが良いでしょう。水道水に含まれている塩素が鼻やのどの粘膜を刺激するため、とくにアレルギー性鼻炎を持つ人では逆効果になることがあります。

水道水を用いる場合は、浄水器を使うか、5分以上沸騰させて塩素を除去した後に、食塩を加えて鼻洗浄を行うようにしましょう。

Bスポット療法について

Bスポット療法は、上咽頭に塩化亜鉛などの消炎剤を直接塗布・擦過する治療法です。

東京医科歯科大学元教授の堀口先生によって考案された方法で、上咽頭炎の消炎に効果的です。風邪は上咽頭の炎症から始まることも多いため、風邪の消炎にも有効です。

また、IgA腎症という腎臓病は、扁桃炎や上咽頭炎に続いておこることがあり、Bスポット療法を行うことによりIgA腎症が改善される可能性があります。

塩化亜鉛などは、鼻の中、または口の中から綿棒で上咽頭に塗布・擦過します。病的な上咽頭炎のある場合は、治療時に綿棒に血液が付着し、ある程度痛みを生じます。しかし、治療後数時間は痛いものの、その後で症状(上咽頭の痛み、後鼻漏、頭痛など)が改善するケースが多くみられます。

Bスポット療法の副作用として、塩化亜鉛が嗅神経(鼻の上部)にさわり、嗅覚障害が起こったという報告があります。通常の治療(綿棒の使用)では、鼻の上部はさわらないためまず問題ありません。一度の治療だけで症状が軽快する場合もあります。慢性的な上咽頭炎に対しては、週に1~2回のペースで10回程度を目安に治療を行っています。

*上咽頭炎、Bスポット療法について、もう少し詳しい説明は「上咽頭炎、IgA腎症の治療 Bスポット療法」のページに記載しております。ぜひご覧ください。

epipharynx

pagetop

©2009-2017 みやけ耳鼻咽喉科アレルギー科. All Rights Reserved.